2008.01.27

着物を見に行く

着物を見に行く以前着物販売会社に勤めていた友人が社販がある、というので行きました。茶道のお稽古で着物が必要となる友人は普段、マスタードや黒の服をよく着る人で、おそらく着物もダークカラーを選ぶだろと思われました。期待を裏切り、目をつけたのは淡い薄紫(ラベンダー?)の色無地。どちらかというとオモロキャラの彼女なのですが、着物をさっと羽織ったところ、突然クールビューティオーラを発したのです。これにはびっくり!おそるべき着物マジック。

そんな化学反応を目のあたりにして私も着物が欲しくなってしまいました。ちょっと考えてみようかしら。

写真は「若い方ならこんな帯がいいわよ~」とおかみっぽい人から言われた帯です。「お安くなっておりますのよ。これは、そうね、(ちょっと早口で)10万くらいかしら」

着物道は険しそうです・・・

| | Comments (7) | TrackBack (0)