2009.03.22

28日後・・・

わたくし、ホラー映画ってかなりだめです。相方さんはホラー大好きで、しかもプロジェクターで見るらしいです。
「ゾンビは大画面でみるからいいんですよ!!」といつになく熱い相方さん。
考えただけでめまいがしそう。
てか、絶対無理。

「28日後・・・」はホラーSFという分野らしいんですが、昔からちょっと興味あった映画です。監督は「トレインスポッティング」、「スラムドッグ$ミリオネア(これみたい)」のダニーボイル。この監督なら面白いんじゃないかな思ってました。(こわいところをのぞけば。1人じゃみれないけど。)

人間を凶暴化させるウィルスが蔓延し、感染者が人々を襲ったために壊滅状態になったロンドンを舞台に、生き残った人々のサバイバルを描く。

絶望的な状況のなかで、希望の光が見え隠れ、だがすぐにそれは打ち砕かれる、という展開が繰り返され、そのたびギャー!となり、正直何度かこの映画を観たことを後悔しました。

だがしかし。最後に生き残った人たちが、陸から飛行機に向かってメッセージを送るんですが、最初みえた文字が

HE・・・ だったので、きっとHELPよね、と思った瞬間、それは

HELLO!

だったことに少なからず心打たれました。このラストだけでこの映画を観てよかった、と思いました。
ちょっととってつけたような展開でしたが・・・
映画には実はもうひとつのラストが用意されており、こちらは自然な流れでしたが、なんの救いもない終わり方でした。ホラー好きの相方さんはこちらの方が好きだったようです。

28日後・・・オフィシャルサイト
28日後...(特別編) [DVD]

| | Comments (2509) | TrackBack (0)

2009.01.30

わが至上の愛 アストレとセラドン

ヌーヴェルバーグの巨匠、エリックロメール監督の最新作を銀座で見てきました。
年齢層はかなり高めです。エリックロメール監督の映画は何作か見てきましたが、何を見ても「西洋人と日本人のメンタリティーの違い」について考えさせられます。考えてる途中で寝てしまうことも・・・

5世紀のフランスを舞台に、純粋な愛をはぐくむ羊飼いの少女と青年がたどる運命と愛のいきさつを描く純愛ストーリー。

純粋すぎて現代人からするとかなり違和感を覚える展開です。あと、羊飼いっていう仕事は何をするのでしょうか。笛ふいたり歩き回ってましたが、とりたてて羊をみているようには見えませんでした。恋人が死んでしまったと、少女は一日中草原で泣き暮らしてますが、周りの人も心配してるような振りして「これが純粋な愛のかたち」的なことをいってました。いつ仕事しているのか、謎です。
ストーリー展開は基本ゆるいし、何かを期待させるシーンの後別に何もなかったり、カタカナいっぱいの神話についての対話のシーンが長かったり(必要?)、かなり戸惑いを感じます。

それでもそれなりによかったのは、とにかく映像がすばらしく綺麗で優雅だったこと。
セラドン役の俳優は軽く尻顎でありながら、中性的な美形で女装シーンではリブ・タイラーを思わせる美しさでした。アストレ役の女優はロココ絵画から抜け出たような、ばら色の頬をしたあどけなく、エンジェリックなルックスで愛らしかったです。音楽も過剰ではなく、鳥のさえずりやら木の葉のゆれる音、たっぷりとドレーブをとった服の衣擦れの音がBGMです。勝手に森林浴でもしたかのような癒し感のある映画だと思いました。

わが至上の愛 アストレとセラドン


| | Comments (23) | TrackBack (1)

2009.01.02

地球が静止する日

元旦にお年玉&シャンパンにひかれて映画館にいきました。

観たのはキアヌ・リーブス主演の「地球が静止する日」です。

キアヌ・リーヴスふんする宇宙からの使者の到来とともに、地球最後の日へのカウントダウンが始まるというストーリーが展開する。

CGがすごいなあというところとキアヌ・リーブスってやっぱり綺麗で素敵ということしか残ってません・・・。
映画観ているときはそれなりに面白かったような気がするのですが、途中バッハの「ゴルトベルク変奏曲」がかかってるシーンがあり、それを聞いたら早く家に帰ってCDが聞きたくなりました。そんな感じの映画です。

地球が静止する日 公式サイト
グレン・グールド演奏ゴールドベルク変奏曲

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2008.11.27

転々

転々「時効警察」の三木聡監督のコメディ映画。「時効警察」ファンなら楽しめると思います。三日月君もちょこっとだけ出演してます。

相方さんとつきあうきっかけになった映画だし、高円寺の町並みもでてくるし、私にとっては思い入れ深いからかも知れないけれど・・・この映画が大好きです!魅力を書き出したら超長文になりそう。

大学8年生の文哉は、家族もなく、孤独で自堕落な生活を送っていた。いつの間にか作った借金は84万円。返済期限まで残すところ3日という時に、借金取りの男、福原がやってきて、吉祥寺から霞ヶ関まで歩くのに付き合ったら、借金をチャラにすると提案される。返すあてのない文哉は福原の条件を呑むしかなかった。

オダギリジョー(文哉)が泣きながらカレーライスを食す場面は何度見ても泣けてきます。これはもらい泣き?それともそのシーンがあまりにも刹那的で、まるで蜃気楼のように儚いもので、それを文哉が気づいていて、その気持ちに触れるからなのか・・・

すっごくグダグダなコメディなんですが、切なく感じる部分もあり、それがピリッとしていて、心にいつまでも残る感じです。たぶん半年くらいしたらまた観ると思う。

転々(オフィシャルサイト)
転々 プレミアム・エディション
転々開運ロケ地MAP


| | Comments (15) | TrackBack (0)

2008.11.03

ジョージアの日記

Angus,thongs and perfect snogging
「ベッカムに恋して」のグリンダ・チャーダ監督作品。かわいい!そして女子なら絶対エネルギーをもらえるはず!と思う。イギリス・ブライトンに住む、“ちょっと残念”な14歳少女の恋と友情と家族愛の物語。そういえば自分も10代の頃はどうでもいいようなことに悩んでいた・・・。お誕生日会をクールなクラブで開けない私は超不幸な子・・・って本当どうでもいい悩みですよね。

*ブライトンの町並みがかわいい
*女の子の部屋がラブリー
*ジャス役の女の子がかわいい
*王子さまキャラの男子
*ぶちゃ猫のコスプレ
*UKポップはテンション上がる

正直ジョージアって特別いい子ってわけではないです。むしろいやな奴?なんでも人のせいにするし、友人や猫まで利用するし、計画は失敗ばかりしてるし。でもくじけず、とりあえずがんばる姿は多くの女子にパワーを与えてくれると思う。

ジョージアの日記公式サイト

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.10.19

ブーリン家の姉妹

Boleyngirl

16世紀にローマ教会から離脱し、イギリス国教会を創設したヘンリー8世。その王をめぐる姉妹の愛憎の物語。ナタリー・ポートマン演じるアン・ブーリンは後のエリザベス1世の母となる女性です。

世間的には奔放で魔性の女性とされるスカーレット・ヨハンソンが「古風で従順なメアリー」を、実際は優等生なナタリー・ポートマンが「策略的で悪女なアン」を演じているのがちょっと面白かったです。
あと、学生のころ見た「ミツバチのささやき」ではその愛くるしさに驚愕したアナ・トレントがヘンリーの最初の妻キャサリンを演じていて時の流れを感じました・・・(きれいな人ですが、閉経した女性という役どころ)


ミツバチのささやき


| | Comments (8) | TrackBack (0)

2008.03.05

ライラの冒険 黄金の羅針盤

おじいちゃんキャラ(3人くらいいる)の区別が若干つきかねたのと、白くまがやたら働き者すぎる点(まるで下僕のよう・・・)が気になってしまったが、面白かったです。3部作の第1作目ですが結構おなかいっぱいになりました。そこはかとなく散りばめられた謎は気にかかるが・・・その後に考え込むほどではなかったです。映像がとてもきれいで、人間と一緒に常にいる動物たち(物語ではダイモンとよばれる)もかわいい。

異世界にトリップできる、ファンタジー映画は基本的に好きです。映画館を出たときの、いつも見慣れてるはずの光景が新鮮に写る瞬間がとてもよいのです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2008.02.28

L change the World

L_change_the_world
観てきました。ネットで見ると賛否が分かれるようですが、素朴に面白かったです。
漫画の“L”、大好き!でも“松山ケンイチL”は漫画Lとは微妙に違う。漫画のキャラを踏襲しつつも、独自の魅力を与えているように思います。何度か胸がキュンとなる場面がありました。
やや気になったのは自分的にはオモロ場面と思ったところが、友人には「泣けた場面」だったところです。
そういえば映画館では誰も笑ってなかったような・・・。

最後“L”がBOYをワイミーハウスに残し、(普段猫背の彼が)頑張って背を矯正しつつ歩き去るシーンは、映画館を出た後も、何度も思い出されました。その度、ジーンとなるのです。
もう“マツケンL”を見ることがないと思うと悲しいです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2007.12.19

JAバンクのCMがかわいい

Jabank_cm

JAバンクのCMがかわいい・・・
こちらで動画見れます


| | Comments (4) | TrackBack (0)

2007.02.13

マリーアントワネット

ガーリー番長ソフィア・コッポラのマリーアントワネット。ものすごい勢いで周りの人達(圧倒的に女性たち)が観にいってます。女の私も行きました。「硫黄島からの手紙」も気になるところだが、今年のテーマはフェミニンです。

感想はというと・・・

真剣に映画好きな人にはちょっとがっかりするかもしれないなあといったところです。
あらすじを知っている私でさえ、え、アレってあんなんでよいの?と思うことが度々ありました。
でも行ってみてよかった。砂糖菓子のようなパステルカラーの洪水、マリー役の女優さんは瑞々しく、ガーリーを極めた、うっとりするような映像にすっかり日常を忘れて見入ってしまいました。こいつはちょっとした動く写真集だよ。

ストーリーはこの際なかったことに・・・

| | Comments (10) | TrackBack (4)