2009.02.13

忍者(レストラン)

忍者「今週末は久しぶりに外食です。ちょっと変わった処ですよ。どこだかは内緒だけど。ふっふっふっ・・・」と含み笑いの相方さん。何気にニンジャでもいるところですか、と聞いたらありえないほどうろたえていた。図星か。
赤坂見附の駅近く、スタイリッシュな墨色の建物がNINJAレストラン。かっこいいけどロゴ読みにくいです。入り口で予約の名前を伝えると、しばらくお待ちください、とのこと。待ってると壁の一面がぐるっと回ってくの一さん登場。
この方は案内係りの忍者。忍者
席まで道のりは修行の滝(ちっちゃい)を横切ったり、忍術で崖に橋を渡したり、とちょっとアトラクションチック。個室の席に着くと担当忍者の柊さんとご対面です。
頼んだのは「びっくりコース」というだけあって、炎上した皿が運ばれてきたり、熱い石で目の前のスープの青菜に火を通したり、見た目と味のギャップがあったり、てんぷらのツユがムース状だったり。だがしかし、ビジュアルに驚きつつも、味もとってもおいしかったです。
メインが運ばれてくる前に席にやってきた上級忍者の有福さんはいわゆるマジシャン、炎の中から名刺を取り出してみたり、ありえない入れ物からレモンやライムを取り出してみたり、大変レベルの高い手品を見せてくださいました。個室の外では、忍者たちがせわしなく行き来してます。外人さんのお客が多いらしく英語やフラ語が遠くに聞こえてきます。まさしくここは非日常・・・。トイレにもちょっと驚きました。
帰りは担当忍者の柊さんが出口まで案内してくれました。大変満足しました!とお礼を言って帰ろうとし、80mくらい店から離れた時、後ろから走ってくる音が・・・振り返るとそこには柊さんからの最後のサプライズが!

すごく楽しい夜でした。帰路ではいかにすばらしい店だったかと興奮気味に相方さんと語り合う。軽く感動したんだと思う。

NINJA AKASAKA

| | Comments (538) | TrackBack (0)

2006.03.28

チョコレートダイエット

チョコレートのサイトを制作中で、いろいろ調べていたところ、「チョコレートダイエット」なる言葉を発見しました。これはカカオ分70%以上のチョコレートを食前に食べて食欲を抑えるというもの。あのスリムな楠田枝里子さんが本まで出してます。
そういえば昔シェアメイトのフランス人F君がダイエット中だというのに、台所でこっそりチョコレートを食べていました。「カカオ分が多いチョコレートはダイエット向きなんだ!」と何も聞いてもいないのに早口でまくし立てられ、その動揺っぷりに自分が驚いている間に何かつぶやきながらどこかに去っていってしまいました。
もちろん、後日F君の彼女にチクリました。そういうところは今も昔も抜かりねえ。でも彼女はにやにやしてるだけでした。今思えば本当にチョコレートはダイエットによいもので、ヨーロッパの人には常識だったのかも。

チョコレートダイエット(楠田枝里子さんの本)

| | Comments (6) | TrackBack (2)

2006.03.16

海南鶏飯食堂(恵比寿の方)

以前西麻布の会社に行っていたとき、麻布十番の駅まで歩いてました。帰り道、いつも気になっていた「海南鶏飯食堂」。あのホリエモンのブログによく登場してました。(こことか

恵比寿に第2号店ができたのは知っていましたが、先日偶然ランチをいただきました。
シンガポールチキンライスは鳥のスープで炊いたご飯の上に蒸し鶏を乗っけたものです。
ゴールデンバーニング(パンチが効いた味)で食して以来、大好物のひとつです。海南鶏飯食堂恵比寿店のそれは思ったよりさっぱりしていましたがなかなかおいしかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.09.27

「麻」を食べる

taima_beer.jpg
先日、「」という名前のレストランにて、「大麻ビールを飲む会」に参加しました。
レストラン「麻」は、食材に麻を使用しているばかりでなく、店内の装飾に麻布や麻紙(?)を使い、ちょっとした麻製品を販売するコーナーもあった。麻について詳しい本なども自由に見ることができる。そんな麻パラダイスな店内で熱く「ガンダム」や「甲殻機動隊」について語っていた我々を許してくれ。

麻料理は普通においしかったです。たまにパサパサしてるかな、と思った部分もあったが、非常にヘルシーな食感だった。デザートの麻ミルクで作られたアイスクリームはコクがあり、ゴマをさっぱりしたような味でとてもおいしかったです。

問題の大麻ビール(麻物語)や大麻カクテル(スペースドリンク)は、自分はアルコールに強くないので他人のものを一口づつ味見しただけだった。
ニ徹した後だったためかその後すっかり具合が悪くなり、渋谷で吐いた・・・

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2004.05.08

イスラエル料理

040508_oo.jpg
江古田の「シャマイム」にてイスラエル料理をいただきました。
ホムス(ひよこ豆のペースト)、ファラフェル(豆のコロッケ)がおいしかったです。
外国人(しかもグループ)のお客が多いのですが、そのパワーに負けないくらい、

 *「おじゃる丸」に登場するキャラクターの魅力
 *「ライダーマン」に見る人間の悲哀
 *S君の彼女自慢「オレの昼飯はラブラブ弁当」

などという話題で盛り上がる金曜の夜。
食後のコーヒー(カルダモンとしょうが入り)もおいしかったです。
040508.jpg
壁にかかっていたエキゾチックな絵がかわいかった。

平和の象徴白いはとの周りにpeace(英語)やpaix(フランス語)など世界中の言葉で平和と書かれています。
ちょっとしんみりしたところで左下に漢字「和平」の文字を発見。

和平・・・・・・・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.14

蠍は食しませんでしたが

昨日は寄り道のmayumiさん、hibiのHさんと四谷「済南賓館」で中華の会食でした。mayumiさんからのURLによるとそこは料理に蠍を出すところだったらしい。1皿づつ料理が運ばれてくる度に緊張しておりましたが、昨日のメニューには蠍はなかったです。お店の方(料理人の女性)によると蠍は夏が季節だそうです。

ところで「済南賓館」の料理は私が知っていた中華のイメージとはかなり違いました。
「砂糖とラードと化学調味料を一切使わない」中国料理の源流「魯菜」。現在、「魯菜」を作る現役の料理人は、「済南賓館」を切り盛りする、日本人の佐藤夫妻だけなのだそうです。この夫妻のドキュメンタリー映画「味」が現在イメージフォーラムで上映されており、映画に感銘を受けたmayumiさんによって「済南賓館」での会食が実現したのでした。

そんなにすごい料理なのか…「蠍」のこともあり、やや緊張していたのですが、その味は奇をてらうこともなく、大変やさしいものでした。「すごくおいしい!」というより身体に染み入る感じのおいしさ。いま思えばすごい量でしたが、全ておいしく頂くことができたのに驚いています。

「魯菜」の伝統はいまや佐藤夫妻で絶えるとのことですが(後継者はいないそうです)、一般の方対象の料理教室を開催しているようです。

寄り道mayumiさんによる映画「味」のエントリ
映画「味」サイト
シアターイメージフォーラム

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.13

シャネルのレストランが銀座に

nikkei net より

仏高級ブランドの日本法人、シャネル(東京・渋谷、リシャール・コラス社長)はフランスを代表するシェフ、アラン・デュカス氏と組み、12月、東京・銀座に高級フランス料理店を直営で開業する。

テレビで芸能人がグルメレポートとかしそうです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)