« October 2008 | Main | December 2008 »

2008.11.30

紅葉

紅葉
きれいです。
本当はもっと真紅って感じだったんですけど、ケータイのカメラだとどうもそういう色がでないみたい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2008.11.27

転々

転々「時効警察」の三木聡監督のコメディ映画。「時効警察」ファンなら楽しめると思います。三日月君もちょこっとだけ出演してます。

相方さんとつきあうきっかけになった映画だし、高円寺の町並みもでてくるし、私にとっては思い入れ深いからかも知れないけれど・・・この映画が大好きです!魅力を書き出したら超長文になりそう。

大学8年生の文哉は、家族もなく、孤独で自堕落な生活を送っていた。いつの間にか作った借金は84万円。返済期限まで残すところ3日という時に、借金取りの男、福原がやってきて、吉祥寺から霞ヶ関まで歩くのに付き合ったら、借金をチャラにすると提案される。返すあてのない文哉は福原の条件を呑むしかなかった。

オダギリジョー(文哉)が泣きながらカレーライスを食す場面は何度見ても泣けてきます。これはもらい泣き?それともそのシーンがあまりにも刹那的で、まるで蜃気楼のように儚いもので、それを文哉が気づいていて、その気持ちに触れるからなのか・・・

すっごくグダグダなコメディなんですが、切なく感じる部分もあり、それがピリッとしていて、心にいつまでも残る感じです。たぶん半年くらいしたらまた観ると思う。

転々(オフィシャルサイト)
転々 プレミアム・エディション
転々開運ロケ地MAP


| | Comments (15) | TrackBack (0)

2008.11.26

ハティフナット HATTIFNAT

ハティフナット
高円寺のギャラリーカフェ。
ドアの取っ手がムーミンにでてくるニョロニョロです。ちょっとした山小屋みたい。
お店のHPに店内の写真がありますが、とてもかわいい壁画です。
玄米のドリアはやさしい味でした。風邪ひきのときに訪れたのですが、気持ちも胃袋も癒されました。

これで分煙ならいうことないのに・・・。
高円寺では禁煙のカフェが少ないのです。

ギャラリーカフェ HATTIFNAT  


ハティフナット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.23

ディズニーランド

ディズニーランド
クリスマスファンタジー。ディズニーランドはクリスマス前のこの時期が雰囲気があって一番好きです。

ものすごく混んでました。アトラクションによっては2時間40分くらい並ぶことも・・・。でもカリブの海賊で並んでいる時ジャックそっくりさんが愛想を振りまきに来たりして不思議とそんなに苦ではなかったです。


ビックサンダーマウンテンに乗ってた時の花火にちょっと感動しました。
ディズニーランド

| | Comments (3414) | TrackBack (1)

2008.11.15

不思議なはんこ屋さん 山本印店

都内某所にある有名なはんこ屋さん。3年くらい前不動産さんから話を聞いて予約の電話をしたが全く繋がらず、あきらめてました。なんでもそこではんこを作ってもらうとめきめき開運するとか・・・・。

先日、あちこちちらばった銀行口座を統合しようと有休をいただき、できればちゃんとしたはんこで、と思い何気に電話してみたら10分くらいで繋がりました。今まで使っていたはんこをすべて持ってくるように、とのこと。
さて当日、時間に訪れると本当に狭いところです。なんとなくよい香り?名前と電話番号、生年月日を紙に書きました。

職人さんは白髪だが、しっかりした口調の方でした。この方が印鑑を見るだけで、その持ち主の人柄や生き様や運命がわかるという。ダメだしされたらどうしよう(覚えがあるだけに)。どきどきです。

だがしかし

「あんたお父さんはどういう方?」
「あんたのはんこには出てないんだよねえ」
「人生なんにもなかったでしょ」

みたいな感じでぼんやりしたことしかいわれませんでした。どうも私のはんこからは何か特別な情報はなかった模様です。ここに訪れる人は政治家とか芸能人とか経営者とからしいのでそういう人生からすると私は平凡すぎってことでしょうか・・・・

「でも予約取れたってことはあんたのご先祖さまがあんたに何か伝えたいんだろうねえ」
とおっしゃってたのでそれはこういうことじゃないかな、みたいなことは言われました。

「はんこは作っても作らなくてもどっちでもいいけどどうする?」
せっかくだから作ります。3ヵ月後に出来上がるらしいです。

| | Comments (5970) | TrackBack (0)

2008.11.03

ジョージアの日記

Angus,thongs and perfect snogging
「ベッカムに恋して」のグリンダ・チャーダ監督作品。かわいい!そして女子なら絶対エネルギーをもらえるはず!と思う。イギリス・ブライトンに住む、“ちょっと残念”な14歳少女の恋と友情と家族愛の物語。そういえば自分も10代の頃はどうでもいいようなことに悩んでいた・・・。お誕生日会をクールなクラブで開けない私は超不幸な子・・・って本当どうでもいい悩みですよね。

*ブライトンの町並みがかわいい
*女の子の部屋がラブリー
*ジャス役の女の子がかわいい
*王子さまキャラの男子
*ぶちゃ猫のコスプレ
*UKポップはテンション上がる

正直ジョージアって特別いい子ってわけではないです。むしろいやな奴?なんでも人のせいにするし、友人や猫まで利用するし、計画は失敗ばかりしてるし。でもくじけず、とりあえずがんばる姿は多くの女子にパワーを与えてくれると思う。

ジョージアの日記公式サイト

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »