« 有給休暇(というブランド) | Main | americo »

2005.05.06

MHT(エムアシュテ)

mht宝石に対してはどちらかというとネガティブな印象を持っていました。高価なモノなので手にいれたときのことを思うと何だか気が重くなる気がします。
以前、父親の同僚(?)の南米人女性がロンドン留学中に入手したという宝石の話しをしてました。
「オークションで手に入れたんだけど、とある貴族のお姫様の呪いがかけられているらしいの。そういう”いわくつき”のものは高いのよ!」
彼女は会社を辞めたのでその後どうなったのか知れませんが、その時「貴重なモノはそれだけ人間の業が深いのだなあ」と思われたものです。

そんな自分ですが、マリー・エレーヌ・ドゥ・タイヤック(MHT)のアクセサリーには心惹かれます。シンプルで自然な曲線を描くデザイン、そしてなにより彼女のアクセサリーの多くは半貴石を使用しているのです。きらびやかな、圧倒的な輝きではなく、外光を内に取り込んだような、やわらかな光を放つ半貴石。貴石のジュエリーにはなんだか威圧感のようなものを感じますが、MHTのジュエリーからは「私はあなたの味方よ」というささやきが聞こえるようです。

ちょっとポエミーに言ってみました。

|

« 有給休暇(というブランド) | Main | americo »

Comments

彼女のアクセサリーは前から気になっています。石の使い方が繊細でシンプルでとてもキレイですよね。欲しいけど値段もなかなか良いですよね(^^;;

Posted by: LocoMoco | 2005.05.08 at 01:45 PM

LocoMocoさん

石はマリー・エレーヌ自ら時間をかけて選ぶらしいです。サイトにもあるけど石にはそれぞれパワーがあるそうですよ。
お守り代わりに私も欲しいですが結構いいお値段ですよね~。

Posted by: さぶ | 2005.05.08 at 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/879/4005254

Listed below are links to weblogs that reference MHT(エムアシュテ):

« 有給休暇(というブランド) | Main | americo »