« July 2004 | Main | September 2004 »

2004.08.23

NEW職場

去る金曜日新しい職場で突然某プロジェクト打ち上げパーティがありました。場所はオフィス。DJブースの後ろは本来私の席です。夜8時ごろ「邪魔だからコンピュータを机から下ろしてくれる?」と(もっと丁寧な言い方だけど)いわれました。DJもVJもバンドも会社の勤務人です。

自分は新入りでそのプロジェクトにはなんの関係もないのですがしっかり会費を取られたので食事を腹一杯食べて終電で帰りました。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.08.06

EMPTY GARDEN2

040805.jpg青山のワタリウム美術館で9月26日まで開催されている「EMPTY GARDEN2」を観にいきました。某フリーペーパーで紹介されていた写真を見て興味をもったので。(文は読んでなかったけど)
興味をもった作品はシュタイナー&レンツリンガー(Gerda Steiner&Jorg Lenzlinger)という2人の共同制作で「whale balance 鯨のバランス」というタイトルでした。実物を見るとまるで天井から吊るされた巨大なモビールのよう。吊るされているのはどう見ても流木?ゴミ?廃材?やら、激しい色彩の造花(下町の商店街にあるみたいなやつ)やら、レース飾りやら、割りとなんでもアリみたいなモチーフだった。そうしたモチーフが微妙なバランスで空中に浮いている。作品下にはベッドがあり、来訪者は横たわってこの作品を見上げることができる。早速横たわってみました。息を吹きかけてみると、ゆらゆらゆれて(実は廃材だったりするけど)美しい。白い壁に映った影を見るとその微妙な動きや自然にしなった曲線は先日見た映画「DEEPBLUE」にあった深海の生物を思い起こさせました。

実はこれでお腹いっぱいになってしまい、他の作品はあまり印象に残ってないです。会期中は何度でも入れるらしいのでまた日を改めて出直したいと思います。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.08.04

DEEP BLUE

映画「ディープブルー DEEP BLUE」を観にいきました。平日の昼間なのに満員です。
「海の知られざる世界を壮大なスペクタクルとして描いたドキュメンタリー」
本当にすごい映像ばかりで驚きの連続でした。どうやって撮影したのだろうか。私の想像しえない素晴らしい技術を使ったのかと思いましたが公式サイトによるとカメラマンが潜って撮影したらしいです。すげえ。
気がついた点:
 *海中には海草サラダみたいな生物がいる(目がついている)
 *シャチはいつでもワル(アシカの子供、鯨の子供を食べてた)
 *アホウドリはマンガみたいな顔をしている
 *野生のイルカも空中で3~4回転ジャンプする(何故に?)
 *深海にはビジュアル的にどうなの?という生物がいっぱい
他にもダイナミックで迫力ある、美しいイメージがたくさんありました。

しかし驚きながらも、時々睡魔に襲われていたことも事実です。
それだけリラックス、癒されたってことだよね!
 

| | Comments (5) | TrackBack (1)

2004.08.03

矯正ツボ押し3日目

視力矯正のため某中国中医研究所に通うこと3日目。
一回30分、全身のツボを押したり、電流流したり、熱を加えたり、首を曲げたりと盛りだくさん。
ツボ押しはすごく痛いです。初日は30分間ずっと「痛い!痛い!イタタタタアタタタタ」といい続けてました。まるでケンシロウ(北斗の拳)です。
それなのに院長先生は「そうですか。痛いですか。ははははははははははははははははははははは(結構長い)」と笑うばかりだ。それどころか「痛い!」といったポイントは徹底的に押されまくり。ギャー。もちろん治療目的、その辺は頭では理解しているのですが、つい、「ちっ・・・」と思ってしまいます。

健康な人はそれほど痛くないらしい。
自分は健康だと思っていただけにショック。しかし健康的人生を意識するようになり、本日はランチに参鶏湯(サムゲタン)を頂きました。040803.jpgトリの中にもち米や栗、漢方を詰め込んでスープで煮込んだ参鶏湯は普通ものすごく漢方薬くさいのですが、偶然語学学校近くで発見した韓国料理屋「younhey」のそれはマイルドで普通のスープ煮込みみたいでおいしかったです。



痛みに耐えたお陰で、今確かに身体はなんとなく軽いです。特に肩あたりが。
まだ目には変化が見られません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.08.02

はじめに

わたくし、ものごごろついた頃からメガネでございます。
メガネ好きですがたまに面倒。旅行の時とか、健康ランド行く時とか、鼻の横が陥没気味なところとか。

最近はレーザーで視力矯正ができると知り、いろいろ調べてみました。
(主にグーグル先生で)
レーシックのカウンセリングも受けてみた。体験談もむさぼるように読みました。

近視矯正手術体験記
  1998年にレーシックを受けた方の体験記
  (ここからまた別の体験談のリンクがあります)
視力矯正 LASIK体験記
  多分私がカウンセリングを受けた眼科で手術を受けたのでは・・・
レーシック・視力回復リンク集

いろいろ考えたけれど、角膜を削ってしまったらやり直しは難しい。レーシックを行っている病院は結構あり、いつでもできるようなので、その前に某中国中医研究所(グーグルで発見)でツボを刺激して視力矯正を試みることにしました。休日中は毎日通い、5回目くらいで変化がでるそうなので、もし視力がアップしたらその研究所の紹介をしようと思います。

実は「この研究所ってちょっとあやしいのでは?」と思っているところがある。
ツボ押すだけで視力が回復とは、なんだか簡単すぎな気がするんですが。
ちなみに院長は(男性だけど)長髪です。

| | Comments (1088) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »