« The Webby Awards | Main | Art of Speed »

2004.05.17

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局

日曜日に青山をふらついてたときに発見しましたサンタ・マリア・ノヴェッラ薬局。ちょっと奥まっていてどちらかというと目立たない小さな扉の前にこんな文章が記されていました。

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の起源は13世紀、フィレンツェのドミニコ会修道院薬局に遡ります。 (中略)メディチ家のカトリーヌがフランス王家に嫁いだ時、ここで処方した香水を持参しました。そのレシピのままの製品が今も売られています。
メディチ家のカトリーヌ!いままさに読んでいる歴史の本によく登場する名前です。これは何かの偶然?不思議な力によるめぐり合わせ?ひょっとして神様のお導きかしら?(いままさに読んでる歴史の本:「毒薬の手帖」)
お店はそれほど広くはないのですが、さすが歴史を感じさせる荘厳な空気をかもし出しています。薬局とのことですが、見渡したところ化粧水や石鹸、香水を扱っているようでした。サイトでお店の雰囲気や製品の素敵パッケージを見ることができます。
それにしても東京て何でもあるんだね・・・

サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局(日本のページ
Santa-Maria-Novella(フィレンツェ本店のページ

グーグルで探してみたら映画「ハンニバル」のレクター博士もここのファンらしいです。

|

« The Webby Awards | Main | Art of Speed »

Comments

東京にもあるんですね。フィレンツェの店がなぜ?
映画でも少し出てきます。ここのハンドクリームの匂いが
クラリスに送られた手紙からかぎとられ、レクターの居場所が
分かってしまうんです。

ハンニバル ファンとしては、はずせないですねー。
イタリアは、「エルボリステリア」という薬草を扱う
薬局がどこの町にもあるみたいです。
昔は魔女の職業だったとか、ちょっとあやしい響きもある
みたいです。自分の症状を言うと、薬草を調合してくれるんです。

私もハンドクリームを購入しました。
でも、怪しいだけでなく、ジャスミンティーやウーロン茶も
売られていましたよ。

Posted by: LondonNK | 2004.05.20 at 09:48 PM

NKさん
たぶんNKさんはイタリアで購入されたのでしょうか。
向こうではチョコレートや蜂蜜まで販売してるらしいですね。
私もイタリアに行ってみたくなってしまいました。
これでもかといわんばかりに歴史を強調した店内装飾、見てみたいです。
自分が知らなかっただけで結構有名な薬局らしいですね。

ハンニバルは今週末観る予定です。楽しみ~。

Posted by: saaab | 2004.05.20 at 11:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/879/610515

Listed below are links to weblogs that reference サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局:

« The Webby Awards | Main | Art of Speed »