« March 2004 | Main | May 2004 »

2004.04.30

ポーの一族

ポーの一族」(原作:萩尾望都)を借りました。

赤いバラの咲く村にパンパネラの一族が住んでいる。エドガー、メリーベル、そしてアラン・・・。時を超えて語り継がれる美しき伝説。
歴史的超名作!

就寝前に一話だけ読んで寝よう、と思いましたが、感情が高揚してしまい、寝付けなかったので結局全3巻すべて読みきりました。普通の漫画を読むよりかなり時間がかかり、読み終わった頃には夜は明けていた・・・

040430.jpg耽美的で文学的でレースのように繊細な、幾重にもからみあった伏線は独特の世界観をかもし出しています。
できればずっとこの世界観に浸っていたい。現実には翌日会社があったので、それは無理でしたが。

会社の昼休みに「ポーの一族ってすげえよ!」と興奮して同僚達に話したところ、一往にして「えっ・・・今頃・・・?」といいう顔をされた。(ポーの一族は1970年代の作品)

NHK BS マンガ夜話 2003年4月29日放送 「ポーの一族」に寄せられたメッセージ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.28

アメリカ映画のタイトル

会社で「パッション」という映画の話をしていて興味をもったのでサイトを検索してみました。(英語サイト日本語サイト)

サイトを見て思ったのだが、この光景は以前にみたことがある。ひょっとしてデジャヴ?

というか映画のタイトルロゴのせいだろう。最近の話題のアメリカ映画のタイトルは「FONT は細いセリフ系(ひげつき)」で「金色で盛り上がってる」が多い気がします。今思い出してみても

ロードオブザリング
ザラストサムライ
トロイ

といずれも大作ばかりが似たようなテイストだ。何故なのか自分なりに考えてみた。

 *全米的にこういうテイストが大流行
 *実はタイトルロゴ製作者は同一人物
 *興業成績を意識して風水に頼ってみた(金運がよい感じがするから)

正解はどれかな。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2004.04.25

コナミスポーツ

メガネで色白で弱そう。(イメージ:もやし)そんな自分を払拭したい。
渋谷近辺でスポーツジムを探しています。以前LOFT近くのTIPNESSに見学にいきましたが、そこは自分的に「違うかな・・・」と思いました。具体的になにが、といわれると困りますが、とりあえず茶髪率が高いところとか。
金曜には松涛にあるコナミスポーツに見学に行きましたが、ここは私の知ってるスポーツジムとは印象が違いました。

9階建てで最上階にはシックなラウンジバーがあるんだぜ。
スポーツで汗を流した後、快い疲労感を感じながら革張りのソファーで渋谷の夜景を眺めつつ、グラスを揺らす・・・。
うっかり「オレもついにここまで来たか・・・」などとつぶやいてしまいそうです。

1フロアだけややマッスルパラダイス(筋肉楽園)みたいなところがありましたが、全体的に文科系(?)ジムな印象。スタジオにも「バレエ」のレッスンがあったりと優雅な感じでした。しかし会社帰りに通うにはちょっと厳しそう。

来週は表参道の「ゴールドジム」を見学して決めたいと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.04.22

RADIO HEAD

いまさらですが、先週の17日レディヘのライブにいきました。
「ラジオヘッドってレディオヘッドって読むらしいよ!」とか発言して周囲の失笑をかってた私のような初心者でも楽しかったです。
しかし男くさい会場だった。もちろん女性もたくさん来てました。しかし、彼女らはきっと「彼氏が好きだから」ついてきたに違いないのです。
なぜなら「わー」とか「ぎゃー」とか「愛してるよ!トムー!!」とか叫んでいるのは野郎ばかりだった。そしてなぜか曲によっては大合唱が・・・それも野太い声で。

アンコールには2度も応えてくれたし(?たぶん)、開演直前のニュース速報(イラクでの日本人人質開放)をライブで反映したりとレディオヘッド側のサービス精神にも軽く感動しました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.13

王の帰還

040412.jpgロードオブザリング 王の帰還」観にいきました。もう4月なのに六本木ヴァージンシネマまだ混んでます。具体的にいうと30分前に映画館にいったのに、端っこの席しか空いてませんでした。因みにプレミアシートは完売してました。ちっ、みんな金持ちなのな!

長い映画でしたが、雑念が多い私でも集中して観れました。すごい迫力でした。サム、えらいよ!実はキミが主役?そしてやはりワイルドでアラゴルンはかっこいいです。でもこんなに格好よくてもヴィゴ・モーテンセン(アラゴルン役の人)は男性が好きなんですよね・・・
映画の間、何回か涙が出そうになりましたが、それは感動というだけでなく、もっと別な感情からきたものだったようです。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2004.04.07

ぱんつ

040407.jpg
かわいいぱんつでちゅ。

普通に書くと変態チックだったのでかわいく赤ちゃん言葉で書いてみました。
ひょっとして逆効果だろうか・・・?


グラフィックデザイナーでお洋服のデザイナーでもあるフレデリック・ダウバルさんのサイトにありました。この方のグラフィックデザインはシンプルでナチュラル、ちょっとユーモアがあって適度にガーリー。
すてきです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.04.05

LIPTON PEACH TEA

040405.jpg
JR渋谷駅のリプトンのピーチティーの広告。
カワイイー。
テイスト的に蜷川実花さんの写真かと思ったけど、どうかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.04.04

ミシェル

040404.jpgフランス映画ミシェル(原題:DIEU EST GRAND, JE SUIS TOUTE PETITE )を観ました。
王道のフレンチ・ラブストーリーという感じ。ストーリーはそれほど重要ではないと思いますが、ちょっと展開に疑問を感じつつ観てました。フランス映画にありがちですが男も女もきまぐれすぎです。あんなに酷いケンカをしたあとなのに「忘れられないんだ・・・」等理由をつけて仲直り、離れたりくっついたりという展開が同じ男女間で2,3回くらいありました。

よくわかんねえ。男と女のミステリー?サスペンスではないんですが。

でもおもしろかったです。終わったときには「えーもう終わり?」と残念だった。主演のオドレィ・トトゥ(アメリの女優さん)がかわいかった。顔もそうですが仕草や物腰がコケティッシュでかわいかったです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

桜アゲイン

040403.jpg
何年ぶりかでお墓参りに行きました。
丁度桜の季節でちょっとしたピクニック気分です。

ところでお墓参りて大事らしいですよ!
「怪奇現象」てお墓参りに行ってない人があうらしいです。
「こたえてちょーだい!(フジ・朝10時)」でいってたんですが。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »