« シャネルのレストランが銀座に | Main | ツタヤの会員になった »

2004.01.15

イヴサンローランの絵本

e-SUPUR 2002年の記事より

今年1月に引退をしたイヴ・サンローランが、クリスチャン・ディオール社にいた1956年に描いた絵本「La Vilaine Lulu」。1967年に一度出版されたものをパリのコレットが300部限定で再出版した。(中略)パリのコレットで7月9日に450ユーロで発売されたが、300部限定なのでいまや入手困難かも。
450ユーロ!さすがサンローラン。さすがコレット。ゴージャス!(値段が)
しかしその後廉価版が発売された模様。
Amazon.frで検索してみました2004年1月15日現在。(画像はこちら
24,95がちょっと安くなって23,70ユーロだそうです。
約20分1?

|

« シャネルのレストランが銀座に | Main | ツタヤの会員になった »

Comments

おぉぉおおおおおお。
待っててよかった!
買う!買います!!

Posted by: mayumi | 2004.01.16 at 10:13 AM

恵文社で販売もしているそうです。
http://www.keibunsha-books.com/recommend/pic0061.html
ここのサイトの「乙女のための本」「ヤングスタンダード」という分類の仕方にちょっとぐっときました。

そしてLuLuのキャラ、いわゆる脱力系だよね。

Posted by: saaab | 2004.01.17 at 01:06 PM

hacknet
http://www.hacknet.tv/daikanyama
でも売っていました。5980円。
この値段は買い、でしょうか?

......ヤダ。恵文社の方がダンゼンお安いではないですか!

ところでまたサイトかわりましたね!
冬って感じで透明感が素敵です!!
イイ!

Posted by: mayumi | 2004.01.21 at 10:16 AM

mayumi さんコメントありがとうございます。
日本のアマゾンで取り扱ってくれればもっといいのですが…。
古本ででないものかな。いくら安くなったとはいえ、絵本で5000円は高いような気がします。

ところで壁紙はサクサク君のものですよ。

Posted by: saaab | 2004.01.21 at 03:36 PM

ホントだ!この壁紙やっぱり素敵です。
私が素敵、といったものにはもちろんタイトル画像も
含まれます。鹿さんですか?いや、トナカイさんですね?

Posted by: mayumi | 2004.01.22 at 01:23 PM

Your means of describing all in this paragraph is genuinely pleasant, every one be able to effortlessly know it, Thanks a lot.

Posted by: en.wikipedia.org | 2014.09.22 at 11:13 PM

Thank you for the auspicious writeup. It in reality was once a enjoyment account it. Glance complex to far added agreeable from you! However, how can we keep in touch?

Posted by: mcafee promotions | 2014.10.01 at 05:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/879/103316

Listed below are links to weblogs that reference イヴサンローランの絵本:

« シャネルのレストランが銀座に | Main | ツタヤの会員になった »